男女泌尿器疾患、前立腺がん、排尿障害

川崎医科大学附属病院

〒701-0192
岡山県倉敷市松島577
TEL:086-462-1111(代表)
・病院長  園尾博司

http://www.kawasaki-m.ac.jp/hospital/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇受診案内
・初めての方(初来院)初めて受診される方
・他院から紹介状を持参して初めて受診される方
必ず保険証をお持ちください。保険証がない場合は実費扱いとなります。

・紹介状のない方
診療申込書・保険証を初診受付へ
紹介状がなくても受診できますが、保険外併用治療費として
5,400円(実費)が必要となります。

・受診相談
どの科を受診したらよいか分からない等お困りの方は、
看護師長をはじめとする受診相談アドバイザーが、
ご相談をお受けいたします。
2階 初診受付へお申し出ください。


◇診察受付時間

≪月曜日~金曜日≫
午前8時30分~午前11時30分
午後1時30分~午後4時
≪土曜日≫
午前8時30分~午前11時30分

・診療時間 9:00~ 13:30~

◆診療科目
総合診療科、臨床腫瘍科、救急科、循環器内科、呼吸器内科、心臓血管外科、
呼吸器外科、腎臓内科、泌尿器科、血液内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、
神経内科、脳卒中科、脳神経外科、心療科、小児科、新生児科、小児外科、
産婦人科、乳腺甲状腺外科、皮膚科、リウマチ・膠原病科、整形外科、
形成外科・美容外科、リハビリテーション科、食道・胃腸内科、肝・胆・膵内科、
消化器外科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科・口腔外科、麻酔・集中治療科、
放射線科(画像診断、治療、核医学診療)、健康診断センター、麻酔・集中治療科


◇泌尿器科
https://h.kawasaki-m.ac.jp/data/dept_008/dept_s_dtl/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◎副腎・腎・尿管・膀胱・前立腺・男性生殖器を
主体に担当する診療科です。

泌尿器・男性生殖器がん、尿路性器感染症、排尿障害、
尿路結石症、尿路通過障害、内分泌疾患(副腎)、
男性生殖器疾患、
女性泌尿器疾患(尿失禁、骨盤臓器脱)
など幅広い分野で診療を行っています。

スタッフ
 
永井 敦 教授 部長
岡山大学医学部卒
・専門
泌尿器科学、腹腔鏡下手術、泌尿器男性学、泌尿生殖器がん、男性不妊症
・資格
日本泌尿器科学会専門医・指導医、
日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医、
日本性機能学会専門医、日本性科学会認定セックス・セラピスト、
日本がん治療認定医機構暫定教育医、内分泌・甲状腺外科暫定専門医、
日本小児泌尿器科学会認定医、日本排尿機能学会認定医、
日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器腹腔鏡)


宮地禎幸(みやじ よしゆき)准教授 副部長
岡山大学医学部卒
・専門
泌尿生殖器がん、腹腔鏡下手術、副腎外科、女性泌尿器疾患
・資格
認定医・専門医・指導医
日本泌尿器科学会専門医・指導医、
日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医、
日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医・指導責任者、
日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器腹腔鏡)、
泌尿器科da vinci xi支援手術教育プログラム修了


藤井智浩 講師 医長
川崎医科大学卒
・専門
泌尿生殖器がん、腹腔鏡下手術、前立腺肥大症
・資格
認定医・専門医・指導医
日本泌尿器科学会専門医・指導医、
日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医、
日本がん治療認定医機構暫定教育医、
泌尿器科da vinci xi支援手術教育プログラム修了、
日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器腹腔鏡)


原 綾英(はら りょうえい)講師 医長
川崎医科大学卒
・専門
泌尿器科学、泌尿器男性医学、男性不妊症、排尿障害
・資格
日本泌尿器科学会専門医・指導医、
日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医、
日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器腹腔鏡)


海部三香子 臨床助教 チーフレジデント
川崎医科大学卒
・専門
泌尿器一般
・資格
日本泌尿器科学会専門医


ほか多数

◇交通アクセス
・電車をご利用の方
JR山陽本線・伯備線 : 「中庄(なかしょう)駅」下車、徒歩10分
岡山駅→「中庄(なかしょう)駅」 : 12分
倉敷駅→「中庄(なかしょう)駅」 : 5分
※快速「サンライナー」は停車しないので、ご注意ください。
・新幹線をご利用の方
上り、下りとも「岡山駅」下車
JR山陽本線・伯備線「中庄(なかしょう)駅」下車
※新倉敷駅下車は不便です。
・路線バスをご利用の方
バス停「川崎医大前」下車
岡山駅前バス停から 40分
倉敷駅前バス停から 20分
・飛行機をご利用の方
岡山空港からタクシ-で40分
スポンサードリンク
[ 2018/04/22 07:11 ] 泌尿器 | TB(-) | CM(-)

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、スポーツ外来、脊髄症、股関節の疾患、膝関節の痛み、足の疾患

札幌医科大学附属病院

〒060-8543  
北海道札幌市中央区南1条西16丁目291番地
TEL:011-611-2111(代表)
FAX:011-621-8059(病院課)
・病院長 土橋 和文
http://web.sapmed.ac.jp/hospital/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

● 当院は高度な医療を提供する特定機能病院です。
当院に初めて受診される方で、他の医療機関からの紹介状を
お持ちでない場合は、初診料とは別に保険適用外の
初診時一部負担金(医科 5,400円(税込)歯科 3,240円(税込)
をご負担いただいております。

● 休診日   土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
初診受付時間 : 午前8時45分から午前11時まで
再診受付時間 : 予約がある方の受付時間  :予約時間
            予約がない方の受付時間  :午前8時から午前11時まで
なお、再診の場合は、自動再来受付機(午前8時から)で受付をしております。

◆各診療科案内

第 1 内 科 第 2 内 科 第 3 内 科 第 4 内 科
神経内科 第 1 外 科 第 2 外 科 整 形 外 科
脳神経外科 婦 人 科 産科周産期科 小 児 科
眼  科 皮 膚 科 形 成 外 科 泌 尿 器 科
耳鼻咽喉科 神経精神科 放 射 線 科
(治療科/診断科)  麻 酔 科
総合診療科 歯科口腔外科 リハビリテーション科 神経再生医療科

◇整形外科
http://web.sapmed.ac.jp/hospital/section/orsurg/index.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

=専門分野=
・脊椎
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊髄症を中心とした脊椎疾患を幅広く診療。

・上肢
手・肘・肩関節疾患や腱、靭帯損傷などの診療。

・下肢
股関節、膝関節、足の疾患を診療。

・骨軟部腫瘍
札幌医大で独自に開発した滑膜肉腫に対する免疫治療法の臨床応用が開始されている。

・関節リウマチ
薬物治療でも治療困難な症状に対して人工関節手術をはじめとした手術治療を行い、
痛みや生活での不自由さを解消。

・骨粗鬆症
詳細な検査により骨粗鬆症のより正確な病状の把握と的確な治療をめざしている。

・先天性疾患
上肢・下肢の先天性疾患に対して機能と整容を改善するための治療。

・慢性疼痛外来
リハビリテーション科、精神神経科、麻酔科と連携し難治性疼痛疾患の
治療に多面的に取り組んでいる。

・スポーツ外来
脊椎・肩・膝の整形外科専門医と理学療法士による総合外来。

スタッフ

☆山下敏彦 教授
札幌医科大学医学部大学院医学研究科卒
・専門
脊髄
・資格
日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医、
日本体育協会公認スポーツドクター
・受賞歴
1993年 AAOS Kappa Delta Award
1993年 日本整形外科学会学会奨励賞
1991年 北海道整形外科学会ルセル学術奨励賞
1991年 整形災害外科学研究助成財団鈴木重男記念賞

☆名越 智 (なごや さとし)特任教授
札幌医科大学卒
・専門
股関節外科、骨軟部腫瘍
・資格
日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医

☆射場浩介 (いば こうすけ)准教授
札幌医科大学卒
・専門 
手・肘、先天異常、骨代謝
・資格
日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本手外科学会認定専門医

☆竹林庸雄 (たけばやし つねお)准教授
札幌医科大学卒
・専門
脊椎
・資格
日本整形外科学会認定整形外科専門医 、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医

☆金谷耕平 (かなや こうへい)準教授
札幌医科大学卒
・専門
手・肘、マイクロサージャリー
・資格
日本整形外科学会認定整形外科専門医 、日本手外科学会認定専門医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医

☆渡邉耕太 (わたなべ こうた)保健医療学部教授
札幌医科大学卒
・専門
膝・足、スポーツ
・資格
日本整形外科学会認定整形外科専門医 、日本リウマチ学会認定リウマチ専門医

ほか多数

◇交通アクセス
http://web.sapmed.ac.jp/byoin/user_info/access.html
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)
■地下鉄 札幌駅・大通駅から
地下鉄 東西線西18丁目駅下車 5・6番出口から徒歩3分
■市電 西4丁目駅から
市電 西15丁目下車 徒歩3分
■バス 札幌駅から(JR北海道バス)
医大病院前
■バス  札幌駅から(JR北海道バス
南3条西16丁目
■ バス 桑園駅から
医大病院前
スポンサードリンク
[ 2018/04/22 07:05 ] 整形外科 | TB(-) | CM(-)
最新記事
健康のこと
◆ここでは、健康を管理して、健康を維持していくために、病気や病院などのことにふれていきます。病気にならないと、ふだんは健康のことは忘れていますね。

 書こうと思ったきっかけは、私が幼い時期に母が病死したこと、母が貧困の中での高齢出産だったというせいか、私が生来あまり丈夫でないこと、
また、 父は食道がんで他界。実兄の一人も食道がんになって食道をすべて取ってしまい、叔父3人は胃がんで他界した、などという経緯から、ガンについても関心が深く、このようなことをブログで書いていくことになりました。