FC2ブログ

大阪で新型 コロナ感染症対策に関する重要なお知らせ、息苦しい、発熱、味がない、喉の痛み、ひどくだるい

大阪はびきの医療センター

新型 コロナ感染症対策に関する重要なお知らせ

〒583-8588
大阪府羽曳野市はびきの3丁目7−1
TEL 072-957-2121(代)
・院長 山口誓司
http://www.ra.opho.jp/
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

・外来受付時間
平日:午前8時45分~午前11時

・外来休診日
土曜、日曜、祝日、12月29日~1月3日

◆受診の流れ
診療科によっては、予約制や手術日などの都合により、
お越しになられても受診できない場合がありますので、
必ず事前に「外来診療案内」をお確かめのうえ、
ご来院ください。
当センターで初めて診察を受ける方は、健康保険証等をご持参の上、
1階の総合受付(①番窓口)で、手続きをしてください。
他医療機関からの診療情報提供書(紹介状)をお持ちの方は、
総合受付へお申し出ください。
他医療機関からの診療情報提供書(紹介状)を持参せずに
受診希望される場合、通常の保険診療費に加え、
「初診に係る費用として非紹介患者初診料加算金」
(選定療養費)5,500円を自費で負担いただきます。
(産科の場合は、5,000円を自費で負担)
※非紹介患者初診料加算金については、
受診が初めての方、以前受診されたが終診となった方
〔受診された科で次回予約が不要となった方〕、
前回来院から3か月以上経過し、予約外で来院された方
〔予約日に来院されず、ご自身で診療を中断された方〕が対象となります。
事前に、かかりつけ医を通して当センター地域医療連携室で予約を
お取りすることができます。
紹介状をお持ちの患者様個人からの診療予約はお受けできません。
(28年8月31日で終了致しました※産婦人科及び二次健診は継続)
皮膚科の木曜日は、完全予約制のため、
予約のない方は受診できない場合がありますので、予めご了承ください。
以下の診療科を初診として受診される場合は、
「他の医療機関からの紹介状をお持ちの方」
に限らせていただいています。
「かかりつけ医」などからの紹介状をご持参ください。
呼吸器総合外来・呼吸器内科・肺腫瘍内科・アレルギー内科
・感染症内科・呼吸器外科・皮膚科・耳鼻咽喉科


◆診療科
呼吸器医療部門
(呼吸器総合センター)呼吸器内科
(呼吸器総合センター)肺腫瘍内科
呼吸器外科
リハビリテーション科
気胸センター
感染症医療部門
感染症内科
アレルギー医療部門
アレルギー内科
小児科
皮膚科
眼科
耳鼻咽喉科
一般医療部門
循環器内科
消化器内科
消化器外科
乳腺外科
乳腺センター
産婦人科
泌尿器科
中央医療部門
集中治療科
外来化学療法科
呼吸器内視鏡内科
緩和ケア科
麻酔科
病理診断科
臨床検査科
放射線科
臨床研究センター
臨床研究センター
臨床法制研究室
高度医療センター
呼吸ケアセンター
感染症センター
腫瘍センター
アトピー・アレルギーセンター

感染症内科
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)
・診療の特色
結核、非結核性抗酸菌症(非定型抗酸菌症) ならびに結核後遺症として
よく見られる肺アスペルギルス症等が主な対象疾患です。
入院患者様全員を対象に看護師による対面服薬確認
ならびに結核に関する勉強会(院内DOTS)を行っています。
通院可能となった患者様については、
院内DOTS カンファレンスで治療終了時期を決定し、
保健所と協力して退院後の服薬支援にも取り組んでいます。
院内DOTS ならびに 院内DOTS カンファレンスへは、
全国の保健所や病院から見学に来られる等、
当センターの結核治療向上への取り組みは高く評価されています。
感染症内科外来は一般外来とは別棟の「感染症センター」で診療を行っています。
結核疑い患者様は、診断が確定するまでは陰圧換気個室に入院していただきます。
感染症内科外来ならびに感染症内科病棟には高換気機器や空気殺菌器を設置し、
感染症内科外来に排菌患者様専用の待合室を設ける等、
院内感染防止対策を徹底しています。

スタッフ
☆橋本章司  臨床研究センター主任部長医師
大阪大学医学部卒
・資格など
日本感染症学会推薦ICD
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本アレルギー学会アレルギー専門医
日本感染症学会専門医
日本結核病学会結核・抗酸菌症指導医
日本臨床研修協議会プログラム責任者

☆田村嘉孝(たむら よしたか) 臨床検査科主任部長
感染症センター長
・資格
日本結核病学会結核・抗酸菌症指導医
日本公衆衛生学会認定専門医
日本結核病学会推薦ICD

☆韓 由紀(はん ゆき) アレルギー内科副部長
・資格
結核・抗酸菌症指導医

ほか多数

◇交通アクセス
・電車・バス
近鉄南大阪線「藤井寺」又は「古市」駅下車
近鉄バス「羽曳ケ丘方面行」又は「 四天王寺大学行」に乗車約10分、
「府立医療センター前」下車
※藤井寺駅からは、
[63][65]羽曳ケ丘方西三丁目~八丁目
[62][66]羽曳ケ丘八丁目~西三丁目
[61]四天王寺大学   
※以上が府立医療センターに停車します。
・自動車
近隣の方
大阪外環状線「軽里北」交差点
又は「西浦」交差点から西へ5分
大阪中央環状線・美原ロータリーから府道堺羽曳野線・「野中寺」交差点から南へ5分
・自動車
大阪市内から
阪神高速松原線(or近畿自動車道)・松原JCT
→ 阪和自動車道・美原 JCT→ 南阪奈道路 → 羽曳野IC出 → 大阪外環状線・「西浦」交差点左折
又は
→美原東IC出 → 道の駅「しらとりの郷・羽曳野」交差点左折
阪神高速松原線(or近畿自動車道)
→ 西名阪自動車道・藤井寺IC出 →「沢田」交差点 → 大阪外環状線「軽里北」交差点右折

☆頸椎症・椎間板ヘルニア、改善と予防は、こちら

Sponsored Links
[ 2021/04/19 00:00 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)
最新記事
健康のこと
◆ここでは、健康を管理して、健康を維持していくために、病気や病院などのことにふれていきます。病気にならないと、ふだんは健康のことは忘れていますね。

 書こうと思ったきっかけは、私が幼い時期に母が病死したこと、母が貧困の中での高齢出産だったというせいか、私が生来あまり丈夫でないこと、
また、 父は食道がんで他界。実兄の一人も食道がんになって食道をすべて取ってしまい、叔父3人は胃がんで他界した、などという経緯から、ガンについても関心が深く、このようなことをブログで書いていくことになりました。
Sponsored Links